2010年11月24日

『レオニー』と『折り梅』

当館『闘病記文庫』所蔵のDVD『折り梅』
松井久子監督最新作『レオニー』公開中です。 映画

 *彫刻家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの生涯を
  20世紀初頭のニューヨークと東京を舞台に壮大なスケールで
  描いています。


この機会に前作である『折り梅』(D脳1-Mat)
ぜひご覧ください。視聴覚個席閲覧が可能です。
ご利用の方は、『闘病記文庫』にあるDVDケース
メインデスクまでお持ちください。 CD

『闘病記文庫』には『折り梅』の原作『忘れても、しあわせ』
(脳1-Kos)所蔵していますので、あわせてご利用ください。 かわいい

(春霞)
posted by ないと at 14:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 知っ得!Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170508291
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『レオニー』お薦め映画
Excerpt: 明治の外国人女性の一代記。隣の芝生は青い。自分は平凡な人生を送っていると思っている方は、その幸せを噛みしめて欲しい。困難でも妥協せず自分流にという方は彼女の生き方を参考にして欲しい。お薦め作品だ。
Weblog: 作曲♪心をこめて作曲します♪
Tracked: 2010-12-03 21:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。